箕面の森を守る

森林保護員は愛称「グリーン・サポート・スタッフ」と言います。 箕面の森で出会ったら声をかけてください。 スズメバチを見かけたり、路の崩落とか植物の不法採取とかの状況があったらすぐにお知らせください。

見果てぬ夢とは

ドストイエーフスキーの幻視

見果てぬ夢の果てたあと
2008/02/19 20:12la petit cuveehttp://petitcuvee.blog85.fc2.com/blog-entry-81.html
「てめえの面が歪んでるのに、鏡を責めて何になる」
(ニコライ・ゴーゴリ、『検察官』の題辞/新潮社『世界文学全集40』「人と作品」より孫引き)
 この『世界文学全集40』は、これ一冊でロシアの代表的作家を網羅できる実に素晴らしい本で(プーシキン、ゴーゴリ、ゴーリキー、レールモントフ、ツルゲーネフ、チェーホフetc。ちなみにチェーホフが三篇入ってるのを二篇にして代わりにドストエフスキーの『白夜』か『貧しき人々』を入れてくれれば完璧だったかも)、おまけにこの手の全集はブックオフへ行くと一冊105円

しょぼいアフィリ…電通さん

恥をさらす


なんという小額のアフィリ
やってらんないな
涙が…
あふれるというか、ちょちょぎれるというか
やはりクライアントがしょぼいと
収益もしょぼい…
そのうえ収益振込みまで会員負担で
マイナスからのスタートになっている

これがやはり電通商法なのか?
あまり懸命ではなかったけれど
いろいろ写真まで公開して書いた
ブログの報酬であった。
撤退はせいかいだろう

ブログの海は広い
さて漕ぎだすとするか



尻の曲線が落ちる

勝尾寺


週末のドッペルのバイトは森林保護員である。
去年春から採用になったが、
はじめは、そのきつさにネをあげた。
ほとんど車での移動やPCでのデスクワークだけだった
のに、いきなり10キロの山歩きができるわけがない。
初日は同行者に迷惑をかけるくらいに
グロッギーになった。
その思い出の初行巡視が、この勝尾寺園地(PHOTO)。

以来、週1回の山歩きはカラダを激変させた。
階段を上がり降りしても息が切れない…
なんだか視力が回復したように思う…
そして
半年の後には何と尻の筋肉が上がってきた。
たぷついていた臀部の肉が締まってきたのである…
その上、◎◎まで治ってしまった…。

まさに趣味と実益をかねた週末バイトだったわけ。
ところが
お正月をはさんで3週間ほど、この勤務が休みになった。
するとテキメン、尻の曲線が旧に戻ってしまった…
カラダは正直である。
やっぱり週一は山歩きをしていないと…

アドセンスが何故出ない?

早朝点呼員の朝はイソガシイ…
起床は3時半ころ、いろいろ雑用をして4時ころ車でガレージを出る…

マンションのまん前にセブンイレブンが出来たので
乗り出してすぐに駐車してまず暖機。
そこで買うものは「おにぎり1個カレーパン1個に
しじみの味噌汁」会計は496円なり。
そこでは2人の若者が働いている。
ふと先日、新聞で見た入選短歌を思い出す

『 たぶん親の収入超せない僕たちがペットボトルを補充してゆく 』
(毎日歌壇20080210朝刊)

コンビニを出て二つほど辻を曲がると
こんどは古い倉庫の大扉を開けて
「タクシー洗車」の店が見えてくる。
ここでも数人の若者が忙しくタクシーを洗っている。

夜目にも明るく大通りの看板が
「タクシー洗車@700円」と出ているので
「ここはタクシー以外の一般車は洗ってくれるの?」
と、とっつきの若者に尋ねた。

結果は
一般車はダメらしい
営業時間は平日は0時(つまり真夜中12時)から9時まで
土・日も聞いたが忘れてしまった。
とにかく、平日の昼間の時間帯は開いていない。
近くなのでジョギングの途中で見ても
大扉はいつも閉まっている。

ここで働いている若者も屈託なく明るかった。
いずれ詳しく調べてみたい


大阪南港付近の早朝は快適だ
信号が3つくらい先まで見え、
しかも走っている車が皆無なので
アクセルなどのペダリングが自由きままだ。
2信号向こうの信号が「赤」なら
アクセルペダルをフリーにする
つまり燃費が驚異的に上がるのである。

やがて「WTC」の巨大な塔が見えてきて
気楽に見上げながらゆきすぎる。

真っ暗な中にオフィスの影が見える
タイムカード…
むかしのタイムカードは「ぐるぐる…がっちゃん」
だったけど
いまのタイムカードは
「ビユ〜…ブルブル」で印字終わり。

[むに]のタイムカードは、たいてい
4:44
である。
ちょこ

ドッペルは撤退します

夏姿

或る人のアドバイスで「DTI」にしたが
失望した
DTIが良かったのはアクセス解析があっただけ
あと
グルグルのアドセンスがどうしても出ない
これが最大の欠陥
これからどこへ行くか
さしずめ
雨風呂か
亡ホリエモン家か

 | HOME |  »

Appendix

ドッペル

ドッペル

ドッペルくんというのは[分身]という意味らしい。
私の仕事は森林保護員…採用されてから足かけ5年になる。「ドッペル」というのはドッペルギャンガーの略でスイス時計の老舗「インターナショナルIWC」にも「ドッペルモデル」があるし自転車メーカーにもある。詳しい由来は本文で…

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks