箕面の森を守る

森林保護員は愛称「グリーン・サポート・スタッフ」と言います。 箕面の森で出会ったら声をかけてください。 スズメバチを見かけたり、路の崩落とか植物の不法採取とかの状況があったらすぐにお知らせください。

極寒の箕面ビジターセンター

ヒマラヤ杉のマツボックイ

2月16日の早朝、ビジターセンターの横の小川で
歯を磨いていたら、
モミジ広場のほうへクリーンハイクらしい女性が入っていった。
この広場の西北隅には巨大なヒマラヤスギが2本ある。

この杉の根元でくだんの女性が
ゴミと何だかマツボックイ様のものを拾っていらっしゃる。
思わず「早くからご苦労様です」と声掛けしたら、
「どうせヒマですから」と明るい返事…。
見るとビニール袋を2個ご持参なので
「なんで…?」と訊いてみたら
一つはゴミ用でもう一つは
この杉のマツボックイ集め用のものだとか。
「これを集めて色々手芸用のものを作るの…」
という返事なので、
先日の「ああ、クリスマスリースの飾りにしたりするんですね」
というと、いろいろ作り方を教えてくださった。

調べてみると、なんとスギとはいえ
「ヒマラヤスギ」は「まつ科」なんだと…。
そして、
1870年頃渡来、耐寒、耐暑性があり、日当たりを好む。
土地を選ばず、広く植栽される針葉常緑高木。

冒頭の画像はバラの花のように見える(直径8cm)で、
「シダ−ローズ」と呼ばれる、とあった。

わくわく展望台の園児たち


寒暖の差が激しいこのごろ
先週日曜、ランチ時「わくわく展望台」で
野外活動センターからハイクしてきた
幼稚園児たちのグループと遭遇した。
それぞれ7〜8人ごとに
「パンダ組」とか「くまさんグループ」とか
名前がつけられ保育士さんに引率されている。
風はまだ冷たいが
陽射しはもう春の暖かさ…。
グループごとに
「いただきま〜す」の元気な声が
箕面の森にこだました…。

 | HOME | 

Appendix

ドッペル

ドッペル

ドッペルくんというのは[分身]という意味らしい。
私の仕事は森林保護員…採用されてから足かけ5年になる。「ドッペル」というのはドッペルギャンガーの略でスイス時計の老舗「インターナショナルIWC」にも「ドッペルモデル」があるし自転車メーカーにもある。詳しい由来は本文で…

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2013-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks